E8080を交換してE010地獄から脱出

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > E8080を交換してE010地獄から脱出
2021.02.09


E010地獄は時間が経過しても復帰せず。
結局、E8080ユニットの交換対応になった。
分解して中を見るわけにもいかんしどーにもならんわな。
BESVの対応は早いのでありがたい。

交換用のユニットが届いたのでTRS2AMを誉自転車に持ち込む。


交換前に最後の確認。
やっぱり起動直後にE010。
メニュー画面を見ることもできないまま終了。
ユニット交換でエラー消えてくれよ。


交換用に届いた綺麗なE8080。
手で持つとズッシリと重い。
E8080をこの姿で扱うのは四国では1番乗りだろな。


エラーなユニットを外す。
電源ケーブルは差し込んでるだけでビックリ。
何かロックあるのかと思ってた。
そういやPSA1のも差し込みだけだったな。


一部専用工具が必要だけど作業は難しくない。
シマノの手順では逆さにして作業になってるけど2人いれば立てたままでも問題ない。
E8080が重いので脱着時に1人が支えておけばいいだけ。


新しいE8080に交換したらE010は消えた。
引き換えにオドメーターは0kmに戻った。
Di2は使わせないぞウォーニング(W032)がうざい。
あとでよく言い聞かせてやる。


外したE8080。
外側から見れる範囲では何も異常を感じない。
ライト端子の差し込み部分に少しサビが出てるぐらい。
分解して中を覗きたいが怒られるのでやめとく。

BESV経由でシマノ回収されて分解調査されると思われる。
なにがどうなってE010だったのか知りたいところ。
また1年後にE010で遭難騒ぎってのだけは勘弁して欲しい。


シングルスピード状態だが軽く走ってみた。
アシストは正常で問題なし。
ユニット丸ごと交換したんだから当然だけど。


頼んでたモノが完成してたので受け取って帰る。
TRS2を復帰させる方が先でこいつまで手がまわらん。
まー逃げはしないのでゆっくりやる。

とりあえずE010から脱出できてよかった。

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > E8080を交換してE010地獄から脱出
E8080を交換してE010地獄から脱出 COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS