スイッチ付き新型オプションライト

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > スイッチ付き新型オプションライト
2020.05.17


BESVの新型ライト(TRS2用の純正オプション)を2個入手。
たぶん四国では初だろな。
1個はPSA1で使う予定。


ライト本体は発売当初の純正オプションライトと同じモノ。
配線が変更されて防水スイッチが付いた。

これには長い前振りがある、、、

2018年終わり頃にサイクルモードの記事でTRS2試作品を見た。
バッテリーインチューブのフルサスに浮足立ったが細かい懸念材料も。
ダサくてジャマなSC-E6100はどーにかならんのか?
海外のE-MTBではコンパクトなサイド型が付いてる。
あれを採用してくれ、とBESVにリクエストを入れる。

まー同じモノは無理だわな。海外仕様だし。
ちょうどシマノが日本向けのSC-E7000を開発中だった。
しかし、タイミング的に採用は無理(E6100を確保済み?)。
だったのにBESV側が負担かぶってSC-E7000を採用した。
いやそれ大丈夫か?ってこっちが心配になる。

そしてBESVはTRS2にオプションライトを用意してきた。
台湾のサイクルライト専門メーカーが作る本気ライト。
こういうセンスもツボる部分。MTBでも本気のライトいる!
ライトにうるさい身としてはTRS2と同時に入手
もうライト革命と言っていいぐらい夜走りが快適になった。

その段階になってSC-E7000問題が発覚する。
E6100にはライトボタンがあった。
一発でSTEPSからのライト出力をON,OFFできる。
SC-E7000はメニューの中からのみON,OFF。
操作手順がめんどくさい、って認識だった。

しかし、問題はそこじゃなかった。
STEPSは走行信号入ってるとメニューが出ない。
停車しないとライトON,OFFできない、、、
これは致命的、、、

ボタンの特殊操作でライト制御できるように改良って可能?
とシマノに話もちかけてもらうが反応鈍くて期待薄っぽい、、、
じゃあライト配線側にスイッチ入れてON,OFF、と無茶振り。

うちのTRS2はUSB充電ポート作るときについでにスイッチ付けた

そこから数ヶ月。
BESVは本気でスイッチ作ってた。


小さな光る防水スイッチ!
ライトスイッチにここまで凝るか?
この辺がBESVクオリティ。
DIYでは太刀打ちできない領域。


ライト性能は旧型オプションと同じ。
カットラインが出てるので明るいけど対向車の迷惑にならない。
これを体感すると他のライトには戻れない。


スイッチ付いたのでもう完璧。
TRS2買うなら同時に付けるべきオプション。
これ以上のライトは無い。

このライト、TRS2用オプションってことで売ってるけど他の自転車でも使える。

ライトの仕様は6V。
6Vが用意できれば使える。
実は5Vでも十分な光量で使える。
モバイルバッテリーで問題なく使える。
(PSA1ではとりあえずモバイルバッテリー運用する予定)

自転車で夜走りする人全員にオススメ。
USBで使うには変換配線作るDIYがいるけどね。

追記:PSA1に流用した

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > スイッチ付き新型オプションライト
スイッチ付き新型オプションライト COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS