本気ブロックタイヤに変更

トップ > 自転車の話 > COHO XC > 本気ブロックタイヤに変更
2021.01.19


今使ってるタイヤはTREKのXR1。
16インチ2.25幅が存在する奇跡的なタイヤ。
おまけに日本のTREK取扱店で注文すれば入荷する。
そして安い!(2千円しない)

COHO XCのタイヤは購入当初からホント悩まされた。
標準では細いリムに少し太めの溝があるだけのスリック系タイヤが付いてる。
MTBで引いて林道もトレイルも走るとなると役不足。

ブロックタイヤを探すが16インチなど無いに等しい。
仕方なくJourny時代から使ってるシュワルベのBlackJackを使う。
16インチが存在してるのが奇跡的なタイヤだが1.95インチ幅では極細。
見た目が貧弱な上に荒れた林道ではエアボリュームが足りない。

その後、スペシャの2.125インチ幅のブロックを発見して変更
でも、これが2.125としては妙に細め。
1.95よりはマシだが解決には程遠い。

これはダメだと最後の手でバーレー純正の3.0インチ幅に手を出す
専用ホイールとセットでしか売ってない高い純正オプション。
他に選択肢ナシなので仕方ない。
しかし、やっぱり3.0は太すぎた。
太いだけでなく外径が大きくなり後ろ上がり気味。
どーにも見た目のバランスが悪い。

もはやこれまでか、、、と思って時にXR1の情報を得た。
入手して交換してみると程よいブロックでボリューム感も良い。
それまでの2.125と段違いでちょっと落ち着いた。

しかし2.25幅には標準のリムが細すぎることに気づく。
サイズ測って計算すると適正範囲のリム幅より少し細い。
3.0インチ用のリムは逆に適性範囲より少し太い。
うーん、、、どっちも適正超えるなら太い方じゃ!
というわけで強引に3.0用ホイールにXR1を入れて今の姿が出来上がった。

もう世界中探しても他に使える16インチブロックなど無いだろうと思っていたが、
Twitterのフォロワーさん情報で本気ブロックの16インチの存在を知る。
子供用MTBで本気で走るために使ってるようだ。

入手が困難なので縁遠かったが海外通販で見つけてしまった。
例によってタイヤより送料が高い。
高級タイヤになってしまうが勢いでポチる。


ついに入手したCROWN GEMの16x2.25。


ロケットロンよりもアグレッシブな本気ブロック。


XR1と比べると完全に別次元。
性能って意味ではCOHO XCで使う限りは大差ないと思われる。

もっとも大きな違いは、

「見た目!」

自己満足の世界は非常に重要な部分。
TRS2AM側のタイヤと見た目バランスがバッチリ合う。
そのためにわざわざ海外から入手した。
このビジュアルを見ると苦労も吹き飛ぶ。


XR1の時と同様にオーバーサイズだが強引に太いリムに入れる。
いやー、いいねぇ!
タイヤの柔らかさはXR1と同等な感じ。
エア圧を落とせばポヨポヨした状態を作れる。

バッチリ(^^)

トップ > 自転車の話 > COHO XC > 本気ブロックタイヤに変更
本気ブロックタイヤに変更 COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS