トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > ファットCOHO XCを試す

ファットCOHO XCを試す

2020年 06月04日


夕暮れ時に入れ替えたCOHO XCのテストに出かける。
荷物は椅子とか三脚とか工具とか6kgぐらい詰め込む。

普段の荷物は3kg程度だけど、そのうちスペアバッテリーを積むことになる。
COHO XC付きでダート込みの山岳路は獲得標高1200mぐらいが限界。
山の反対側に下って戻ってくるルートではバッテリー足りない。
人力MTBではクレイジーなルートでもE-MTBは1日で楽々走れる。
前々から言ってるが山岳路を好きに1日うろつくには1kwh必要なのである。
そうなると自動的に3kgの荷物が追加になる。
なのでテスト基準は6kg。

新品になっただけで本体は同じ。
試すのはファットタイヤ。
どのぐらい効果あるのか?

とりあえず、空気圧は0.5barぐらい。
走行抵抗はあんまりわからん。
舗装路のみなら1barぐらいに上げた方がいいのか?
つーか、ダート入らんならこのタイヤは使わんか。


異様な見栄えが慣れない。
明らかにやり過ぎサイズ。
だが16インチには選択肢がない。

標準で付いてるのは2.3インチ幅のスリック。
MTBにはイメージ合わないのでブロックタイヤにしたい。
でも、16インチのブロックタイヤなんか選択肢がない。
BlackJackは1.9インチ幅
最近見つけたスペシャの子供用自転車のタイヤでも2.1インチ幅
さすがに細過ぎてダートではエアボリュームが不足気味でガタガタ感が出る。
それ以上の太さは世の中に存在しない。

太いブロックタイヤで唯一となるのがバーレーのオプション。
ご丁寧に専用ホイールで用意されてる。
が、3.0インチ幅のみ。
なんでそこまで極端なのか、、、
ビジュアル的に2.6インチ幅ぐらいの方がバランスいいのに。

あまりに極端過ぎてだいぶ悩んだが無いものは仕方ない。
お約束のように情報はない。
超低圧で使えば衝撃吸収能力が抜群なのは想像しただけでわかる。
悩んでても仕方ないので誰よりも先に買って試すことにした。


荒れた裏道へ入り込む。
今日は空気が白くて見通しが悪い。

舗装路ベースだけどボコボコな場所で色々試す。
空気圧を0.1barぐらいまで下げる。
手で押すとぐにょぐにょ。
そのぐらいになると突起的な段差はタイヤが全て吸収する。


こういう路面は2.1インチ幅のタイヤだとガタガタ音が延々続く。
しかし、0.1barのファットタイヤは静か。
巨大なエアボリュームの効果は大きい。
つぶつぶの石を包み込むように通過。


さすがに0.1barで舗装路走るともっさり感がある。
タイヤが常時変形するらかブロックのパターンノイズも大きい。
超低圧走行はダート専用だな。


舗装路は0.5barは入れてた方が良さそう。
それでも低圧だが。

しかし太いよなぁ、、、
もう2サイズ細くて十分なのに。
見慣れてくるんだろか。

目が少しは太さに慣れたようで、2.1インチ幅に付け替えると超細く見える。
どっちもどっちで極端すぎる、、、
やっぱ2.6ぐらいが適正だと思うぞ。
2.6インチ幅も作ってくれ。


薄暗くなってきた。
ハラ減ったので帰る。

舗装路の下りすっ飛ばしの安定性は問題なし。
まー当たり前か。
[ ポタリングの記録一覧へ ]

トップ > 自転車の話 > ポタリングの記録 > ファットCOHO XCを試す
ファットCOHO XCを試す COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS