PSA1のバッテリー容量を検証

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > PSA1のバッテリー容量を検証
2020.07.21



TRS2のバッテリーを徹底検証した
その時にバッテリーの実容量を把握するのに充電量を計測すればいいことに気づいた。

当然、PSA1のバッテリー容量も把握せねばなるまい。
こっちも2本ある。

購入当時の1本目はセルバランス崩れで交換になった。
さらにその後バッテリー外装の異常(形状異常で差し込みが異様に固い)で再交換
2019/5に再々スタートになってるのでまだ新しい。
(交換したのが新品とは限らないけど)

2本目は2017/8に追加購入してるやつ。
こっちはかなり使い込んでる。

どっちもアシストが強制OFFになるまで使い切ってから充電。


PSA1の充電器は2Aタイプ。
満充電までは約5時間ぐらい。
100V側にワットチェッカーを仕込んでじっくりと待つ。

その結果、

1本目(2019/5〜)は、381Wh
2本目(2017/8〜)は、389Wh

なんと、使い込んでる方が容量大きかった。
測ってみないとわからんもんだな。
まー体感的にはどっちも同等。

当然ながら充電器ロス込みの電力量。
そのままバッテリー容量ではない。
実容量は数%OFFぐらいか。

新品時を計測してないから劣化具合がわからんのが残念。
とりあえず両方とも実容量は問題なさそうで一安心。

私の使い方で3年経過しても容量を維持できてるので設計的には優秀だと思う。
母体がPC関連のエレクトロニクス系の企業集団なのでレベルは高い。
随時サイレントアップデートされてるようだし。

バッテリーは年数が経過した時に差が出る。
充放電制御の甘いやつは制御誤差でセルバランス崩して自滅する。
使った分の容量劣化をしつつ10年ぐらい平気で使えるレベルになって欲しい。

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > PSA1のバッテリー容量を検証
PSA1のバッテリー容量を検証 COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS