USBを6VにBoost

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > USBを6VにBoost
2020.05.19



USBの5V利用で十分なのだが、、、
試してみないと気が済まないのがエンジニア。

フル光量の為に6VへのBoost装置を作る。
手元にあったDC-DC昇圧回路からコネクター外して再構成。
ショボイ回路なので出力1Aぐらいが限界だったかな。
ライトは6V-700mAぐらいだからいけるはず。


出力電圧の校正。
調整がめちゃめちゃシビア。
行ったり来たりしながら6Vを狙う。
いい数字になったら可変抵抗を瞬間接着剤で固定。


出力側の線に平端子の受けを圧着。
基盤むき出しはマズイので伸縮チューブと配線テープで保護する。


実機テスト。
ライト負荷かかっても電圧安定。
さすがに明るい。
この端子時点で6VだからTRS2より明るいはず。
あっちはライトONで配線抵抗の電圧降下で端子位置は5.7Vまで下がる。
これが本来のフル光量。


消費電力がアホみたいなことになってる。
5Vの点灯時に比べて2.5倍。

昇圧でかなりロスってるようだ。
おそらく70%ぐらいの変換効率。
USB側で6.4W、昇圧の後ろは4.5Wぐらい。
6V - 0.75A。
まーそんなもんか。
TRS2はそのぐらいだった。


カメラをマニュアル設定にして明るさの確認。
まずはライトOFFの真っ暗。


USBの5Vで点灯。
2.5Wぐらい。


6VへBoost!
4.5Wぐらい(USB側は6.4W消費)

比べると確実に明るい。
TRS2の感じはこれに近い。
こっちの方が微妙に明るいんだろうけど。
こんだけ明るくても前から見て眩しくない。
カットラインがキッチリ出てる素晴らしさ。

でも、5Vの点灯でも十分ではある。
真っ暗闇を走っても十分すぎるぐらい見える。
わざわざ2.5倍の電力使って6V点灯する必要もない。
のだが、趣味の世界はこういう無駄が楽しい。

どこでも夜走りできるPSA1の完成(^^)v

USB差し込みや6V Boost装置を作り直した。
切り替えスイッチも追加。

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > USBを6VにBoost
USBを6VにBoost COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS