6VのBoost装置を作り直し

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > 6VのBoost装置を作り直し
2020.05.23



手元にあった適当な昇圧回路で6Vユニット作ったが、
もうちょっとスペックのいいDC-DC使って作り直し。

5個セットの買ったら板チョコ状態でつながってた。
こうやって作ってるんだな。
少々荒っぽい製造品質だがちょっと手を入れれば問題ない。
意味わからんぐらい安いのでDIYには最適。

ちょっとサイズ大きい基盤だけど最大3A出力。
3A使うわけじゃなく発熱を抑えるために容量大きいのが欲しかった。
0.8Aぐらいで使うなら発熱は小さいはず。


前回作ったやつで気になってた部分、、、

「流用したUSBケーブルの線が細過ぎ」

短いけどあの細さじゃ電流量多いと電圧降下するはず。
今回は太い線を使ってUSB端子から作る。


カバーが長かったのでカットしてホットボンドで断線保護。
USBの差し込み部分ってなんであんなに長いんだろ。
このぐらいの長さが適切だと思うのだが。


そして、5Vと6Vブーストを切り替えれるスイッチを付けた。
まずは5V点灯。


うーむ、5Vでも4.8W点灯ぐらいになってしまった。
太い線にして電圧降下が減った影響のようだ。

ライト側の回路どーなってるのかわからんが、
電圧が改善すると電流量も大きく増える傾向。
結果的に点灯ワット数がグンと改善する。
6Vブーストとの差が縮んでしまったなぁ。


6Vブースト。
わかるぐらいは明るさに差がある。
6Vにする意味はあるな。
DC-DCの発熱は少しだけ。
発熱少ないってことは効率も悪くないはず。


6Vブースト時のUSB側は6.8W。
どのぐらいの効率で出力側に出てるのか不明だが、
80%ぐらいだとすれば5.4W点灯ぐらいか。
これがほぼ完全なフルパワー点灯だろな。


PSA1に装着。
配線長さとか細かいとこにしくじりあり。
まーいいか。


フルブースト用の秘密スイッチ。
よい感じ(^^)

暗くなってから試した。
5V点灯が底上げされたので明るくなった。
差は縮んだが、それでも6Vブーストは明るい。
TRS2よりこっちの方が微妙に明るい感じ。
ライト配線での電圧降下の差っぽいな。
0.3V違うからなぁ、、、

気に入らんのでTRS2のライト配線を太いのに入れ替えるか、、、

※明るさの違いは気のせいだった。
中に降圧DC-DCが入ってるようで5.5V以上の電圧なら光量変化なし。


配線細くて電圧降下してるのは事実なので対策したけど。

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > 6VのBoost装置を作り直し
6VのBoost装置を作り直し COPYRIGHT 1996-2020 E-NAYA
Powered by WPMS