油圧ディスクブレーキに交換

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > 油圧ディスクブレーキに交換



PSA1のブレーキはワイヤーディスクブレーキー。
制動力は問題ないけど初期作動の感触が悪い。
RZ120のブレーキはXTRなので乗り換えた時の落差も極端。
できれば油圧ディスクに交換したい。


都合いいことにRZ120に最初に付いてたブレーキがある。
シマノの下の方のグレードでレジンパッドのみ対応のやつ。
これを有効利用したい。

RZ120の時にレジンパッドの消耗の早さがイヤでXTR+メタルパッドに移行したものの、最近はメタルの鳴きの酷さに幻滅気味。レジンをマメに交換した方がマシか、って価値観になってきた(XTRも次はレジンパッドを試す予定)。なので、レジンパッド専用キャリパーで問題なし。

モノはあるけど、オイルラインを自分で作業するのは敷居高い。
規格分かっててポン付けできることが確定してるなら、頑張って必要小物調べてチャレンジするけど、なにせ別の自転車に付いてたモノ。知識不足で規格もよくわからん。

どっか持ち込みで、と思うが、ディスクブレーキ系の知識豊富で自転車と中古パーツ共に持ち込みOKなとこ&適合不明の面倒な交換作業やってくれそうな店は思いつかず、、、

そんな感じでズルズルと放置状態だったけど、最近になって近くにMTB系に詳しい「誉自転車」を発見(OPENして1年ちょっとらしい)。相談したら持ち込みOKだったので交換作業をお願いすることに。MTB話が通じるのが心強い(PSA1はMTBじゃないけど(^^;)。


自走でPSA1を持ち込む。
ありがたいことに、ここは時間あるときなら直接作業してくれる。
あーだこーだ言いながら作業見れるので勉強になる。

コネクター外して解除してたエレクトリックブレーキの配線は、持ち込み前に端子を封印してモニターケーブルと束ねて処理した。


整備性良さそうな巨大スタンドにシートポスト固定で吊るして作業開始。
まずはフロントをサクッと交換。
純粋に付け替えだけでOKだった。
でもオイルラインはわりとギリギリ。
車体大きいRZ120からPSA1への交換でギリギリとは思わんかった。
ハンドル位置が高いのが影響してるっぽい。


お店の中。
棚にポツポツとMTBパーツがあるの新鮮(^^;
さすがに販売してる自転車は舗装路用が中心っぽいけど。

店主はハードテール派の下り専門とのこと。
自転車乗ってる自転車屋はこの辺では少数派、ましてやMTBとなると聞いたことがない。
相談しやすくてありがたい。


さて、リア側に取り掛かる。
リアはラインがフレームとスイングアームの中を通ってるので厄介。
ショック外してスイングアーム位置を調整しつつ元のワイヤーを撤去。

ここで問題発覚。
リアのオイルラインの長さが足りない!
なんとPSA1の方がRZ120より10cmぐらい長い。
長すぎると切らないといけない、って想定してたのに逆だった。

オイルライン自体を交換するしかないけど、店にある在庫との適合がハッキリしない。
でも、サイズ的にはいけそうな感じなので強引に交換決断。


オイルラインをフレーム内通すの一苦労。
ライン通ったのでスイングアームを元に戻す。

接続部分の適合も問題なさそう。
オイル入れてエア抜いて動きOK。



外してたパーツ取り付けて完成!

帰り道の平地ではブレーキの感触は問題なし。
(雨模様だったのでおとなしい走りの範囲だけど)
初期作動のタッチは普通に油圧ディスク(当たり前か)。

当時のままの減って汚れてるパッドなので掃除してから、晴れた日に山道でテストしてみよ。

【追記】2018.9.14 山道の下りで色々試した

パッドを掃除してから近くの山道でテスト(ポタの記録参照)。
最初フロントが効きが弱くてキーキー音出てたけど、パッドのアタリ面の問題だったらしく少し使うと音消えた。と、同時にすごい効きに。

フロント、リアともに申し分ないタッチと効き。
ほとんどRZ120+XTRと変わらん。
激坂下りでも指一本で問題ない。
しかもロック寸前を正確にコントロールできる。

ワイヤーディスクでも制動力に問題なし、って思ってたけど訂正。
あれは必要最低限の制動力。
油圧ディスクで乗ったらもう戻れない。
山道走る人にはオススメ。


【追記】2018.9.15 マトモな山でテスト

14日に引き続いてマトモな山でテスト(ポタの記録参照)。
標高400mぐらいのとこ。
下った側は10〜15%傾斜が続く。

やっぱり、「メチャメチャ効く」
連続激坂下りでも減速や止まることに気負いがいらない。
軽い力でレバー操作すれば、スーッと簡単に速度が落ちる。

コントロール性能も問題ない。
路面濡れてたけど、激下りのヘアピンをブレーキ繊細に引きずりながら一定速度で旋回するシーンではワイヤーより圧倒的にコントロールしやすい。

制動力だけでなくコントロール性の面でもオススメ。


【追記】2018.9.17 ほぼPS1に近くなってしまったが

油圧ディスクブレーキに交換したことで、スタンドはすでにPS1用だし、フレーム以外はPS1と同じ構成になってしまった。

最初からPS1選んだ方がよかったのか?という気もするが、ミニMTB的な使い道なので交換パーツが多いのは同じ。やっぱりPSA1で正解だったと思う。財力に余裕無いのに無理すると遊ぶ方のお金が足りなくなる。バランスが大事。

これから購入を考えてる人へのアドバイスとしては、

・ずっとメイン自転車として使うならPS1
・将来的にサブ自転車になる予定ならPSA1

がベター。
PSA1をじわじわと育ててもいいけど最後にフレーム問題にぶつかる。
後からアルミフレームをカーボンに変更はできない。
性能追求してメインで使う前提ならカーボンフレームを選択した方がベター。

でも、最終的にサブ自転車程度で使うならアルミで何の問題もない。
ブレーキを油圧ディスクに交換すればPS1とは僅差。

そんなわけで、将来的にマトモなフルサスE-MTBを狙ってる身としてはPSA1でほぼベストだった。


トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > 油圧ディスクブレーキに交換
油圧ディスクブレーキに交換 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS