PSA1のトレイル走行性能

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > PSA1のトレイル走行性能
2018.10.17


PSA1で当たり前の様にトレイル走ってるけど、話してもイマイチ伝わらない。
実際のところ登りが多い場所では本気MTBよりも速い。
単なるアシストミニベロと同列じゃない。
ストローク短くても動くフルサス。
安物MTBを追い回せる能力をもってる。
ミニベロE-Bikeは増えてきたけど、PSA1(or PS1)と同じことができるミニベロは存在しない。

そもそも山岳路を自在に走り回れるバッテリー容量のミニベロもまだない。
ミニベロではPSA1の378Whが最大。
正直、378Whでも山では足りない。
これより少ないと話にならない。

GoProのテストでいい感じの動画が撮れたので公開。
ほぼミニMTBとして走るとこんな感じ。



これはGoProのブレ補正を確認するために頑張って走ってる状態。

本来の価値は、こんなシングルトラックを
「ゆっくり快適にポタできること」

登りが混在してるトレイルでは人力MTBだとゆっくりでもしんどい。
高負荷運動に慣れてないと楽しむどころじゃない。
傾斜キツイとこは乗って上がることすら難しい。

そもそも平地気味でもボコボコ路面の時点で走行抵抗は大。
下りは楽だけど登らないと下りはない。結局キツイ。
人力でゆっくりポタリングを成立させるのは条件的に難しい。

ところが、PSA1なら登りも含めてポタリング状態で走るのは簡単。
キツイ傾斜でもユルユル上がれる。
(コントロール面でギア比は下げとく必要あり

ストローク短くてもフルサスの効果は絶大。
ポタリングペースならハードテールのMTBより乗り心地よくて快適。
リアショックはFOXへの交換必須だけど)

シングルトラックうろついて景色いい場所で写真撮ったりコーヒー淹れてのんびり、ってポタリングが気軽にできる価値はプライスレス。

舗装状況の悪い裏道を中心にロングライドし、荒れたトレイルも遠慮なく走りまくって1年半。4500km以上走ってるけど問題はなし。本質的な耐久性はMTB相当な感じ(RIZE4は舗装路だけ走ってた頃にスイングアームクラック2回もしたし、個人的にはMTBの方がモロイ印象...(^^;)。

ま、BESV想定は街乗り用だから自己責任の領域だけど。

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > PSA1のトレイル走行性能
PSA1のトレイル走行性能 | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2018 E-NAYA
Powered by WPMS