PSA1のスペック

トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > PSA1のスペック
ノーマルは街乗り想定なので細かいところが難あり。
山道ポタに耐えれるようにパーツ交換してます。

BESV PSA1のスペック
メーカー BESV 本社は台湾。
日本法人はBESV JAPAN
年式 2017年 2017年4月に発売開始
重量 19.5kg 電動アシストとしてはまずまず。自転車として許せるギリギリの重さ。
フレーム オリジナルのアルミ製 頑丈そうな感じ。フレームサイズは共通。ゆえにポジションは大柄。
フォーク RST CAPA 20 ジュニアMTBに使われてるモノっぽい。ショボイけど有ると無いでは大違い。ロック機能付き。
リアショック RE-A5 ストローク短かすぎ&動き固すぎ。オマケみたいなモノ。
ダホンに付いてたリアショックと交換してすこしマシになった。もっとストローク量を確保できるモノを調査中(取り付け全長が短いので適合が難しい)。

2017/10、ついにFOX化。超高性能&快適リアサスに化けた。
タイヤ CST C1854, 20“X1.95“ 妙に走行感悪いので早々に交換。ダートにも入るのでKENDAのK-RADに交換したけど入手困難なので今後は別のを調査中。

K-RADが減ったのでHoly Rollerにチャレンジしてみるが失敗..Black Jackで様子見。が、やはりBlack Jackは納得いかず、、、

KENDAのSMALL BLOCK 8に勝負かける。耐摩耗性はK-RADに劣るものの総合的にPSA1にベストバランス。トレイル走行問題なし&舗装路の巡航速度もK-RADより上。
チェーンリング 48T ローギアにするために42Tに変更
スプロケット シマノ, 12-28, 7-SPEED 多段化&軽いギア作るために11-36 10sに交換
リアディレイラー シマノ ALTUS 10s対応でケージの短いSHIMANO ZEEに交換
ハンドルバー メーカーオリジナル? ポジション改善の為、ライザーの少ないカーボン製に変更
ステム メーカーオリジナル? ボジション遠すぎなので35mmに変更
ブレーキ TEKTRO NOVELA ワイヤー式なので感触はイマイチ。制動力は問題なし。

RZ120に標準で付いていた油圧ディスクブレーキに交換。超快適になった。油圧ディスク化はオススメ。
サドル メーカーオリジナル? 固くて合わない。MTBで使ってる穴あきサドルに交換
ペダル メーカーオリジナル? 幅狭くて感触悪い。MTB用のセイントに交換。
バッテリー リチウムイオンバッテリー
36V-10.5Ah(378Wh)
重さ2.2kg
(172Wh/kg)
2017年時点では最大級の378Whの容量。重量に対する容量も国産アシストより上。

獲得標高1000mは走破可能。ロングライドにはスペアが欲しい。

2017/9、スペア購入山方面へロングライドもOK。やりすぎルートだと2個でもビミョーに足りない。途中で補充電が必要
充電器 ACアダプター型
36V-2A(5時間で満充電)
小型で扱い易い。
充電時にかなり発熱する。

ケーブルが長くて持ち運びに不便なので短く改造
モーター リアハブモーター
36V-250W
自転車として最大出力はこれで十分。この出力維持したまま軽量化の方向に進歩して欲しい。
メーカー希望小売価格 ¥185,000+消費税 2017年時点でのE-Bikeとしては程よい価格。

2018年以後はミニベロE-Bikeが増えたのでやや高額な部類だが、フルサスE-Bikeとして見ると激安。そもそもフルサスミニベロE-Bikeはライバル不在。


トップ > 自転車の話 > BESV PSA1 > PSA1のスペック
PSA1のスペック | E-NAYA COPYRIGHT 1996-2019 E-NAYA
Powered by WPMS