TRS2 AMのスペック

トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > TRS2 AMのスペック

BESV TRS2 AMのスペック
メーカー BESV 本社は台湾
日本法人はBESV JAPAN
年式 2019年 2019年8月23発売
早々に予約を入れ、8/24に納車
型式 YCMT06(Sサイズ) 身長168cmにはSサイズがぴったり
全長 1900mm(Sサイズ) 車体全体はRZ120より少し大柄
全幅 760mm(Sサイズ) ハンドル幅がかなり広く設定されてる。体格的に合わない。高さも合わないので試行錯誤の結果、30mmライズのカーボンハンドルを710mmに詰めて落ち着いた
重量 23.2kg(Sサイズ) 少々重いがアルミフルサスとしては現時点では落とし所(競合車種と比べると軽くまとまってる方)。持ち上げると重いけど乗った体感は重量を感じない。アシストONだとRZ120より軽快。
フレーム BESVオリジナルのアルミフレーム Sサイズ。
インチューブバッテリー採用のデザイン性と実用性は素晴らしい。フルサスでありながらサーモスボトルが入る空間がある(ボトルエリアのあるフルサスE-MTBは2019/8時点でTRS2AMのみ)。
フォーク Suntour Zeron35 150mm travel とりあえず遊べる能力。スプリング式でバネレートが高めのようだ。激しいオフでも走れる性能ではあるが初期作動が硬い。好みと違う動きだし乗り心地も良くない。

マルゾッキ BomberZ1に交換。FOXじゃないがFOXというマニアックなフォーク。一気に快適になった。やっぱりFOXの特性が肌に合う。
リアショック RockShox RS DLX RT 150mm Travel かなり珍しいサイズ。ハードに遊べる性能的に良いショック。激しく走るシーンではいい動きをする。でも私にはフィーリングが合わない。もっと初期作動をソフトにしたいのでFOXだな、、、
変速 SHIMANO Deore 10speed ギア数が物足りない。ワイドすぎてギヤの繋がりがイマイチ。RZ120ではXTRトリプル(シンクロシフトで15s相当)使ってたので落差が大きい。将来的には12S化を目指したい。
チェーンリング 34T E-Bike専用品。スプロケと合わせて標準では落とし所の歯数。
スプロケ 11-42T バッテリー切らさなければ問題ないギヤ比。登れない坂はない。アシスト切っても10%以下の坂ならなんとかなる。アシスト領域外で使うギヤピッチがワイドすぎな感じ。もう少しギヤピッチを詰めたい。
ブレーキ SHIMANO SLX Hydraulic disc まったく問題なし。素晴らしい制動力。ただしメタルパッドは鳴き出すと厄介。RZ120で使ってたXTRと同じパッドなのでスベアで持ってたレジンパッドに変更した。
ディスクローター 前203mm、後180mm 重い車重をキッチリ止めてくれる。

前後ともXTローターに交換してリヤも203mm化。車重が重い上にCOHO XCを引くのでブレーキ強化は正義。
ホイール 27.5インチ 現在の主流サイズ。また29インチが流行りかけてるようだけど個人的には見た目のバランスとして27.5が限界。
タイヤ MAXXIS MINION 27.5×2.6 下り系の過激タイヤ。ロングも走る身としては本気すぎて無理。納車と同時にシュワルベのロケットロンに変更(これでも本気すぎるタイヤだが...)。RZ120で使ってるレーシングラルフがベストだがサイズがない。2.6インチ幅が追加されることを願いたい。
ドライブユニット SHIMANO STEPS E8080 70N/mのトルクを出すお化けユニット。デザイン性もいい。高ケイデンスで音がうるさいのと上限マージンが大きすぎて21〜22km/hでアシスト切れてしまうのが欠点。現時点では他に選択肢がないので仕方ない。
バッテリー 36V 14Ah(504Wh) BESVオリジナルのインチューブ型。2.7kgと504Whの容量では最軽量な部類。PSA1のバッテリーより高密度。電気系パーツに強いのがBESVの魅力。
充電器 出力42V4A BESVオリジナルの4A充電器。リュックに入れて運ぼうと思えるギリギリのサイズ感。減った状態からだと1時間で30%ぐらい回復するので出先での補充電に有効。
アシストモード 3アシストモード
(High、Normal、Eco)
PSA1の時と同じく基本はHighモードで支障がある時にNormalやEcoにする使い方。下げる場面が多めなのがPSA1との違い。平地ポタ走行はOFFでも問題ない。PSA1と違ってTRS2自体にOFFでもサイクリングを楽しめる自転車性能がある。
走行可能距離 140km / 130km / 95km 獲得標高で大きく変わるのでスペックは参考にならない。実走行ではHighモードで山中心に半日は遊べる。平地中心だと無限に走れる。
うまく人間側に負荷を割り振る特性に加えて自転車性能がいいのでアシスト領域外で走りがち。結果的にエネルギー効率が非常にいい。近場をウロついてる程度ではバッテリーはさっぱり減らない。
淡路島ロングライド150で限界性能を確認。常時HIGHモードで余計な過負荷かけて遊んでも150km&獲得標高1200mを走れることを実証。
ライト 純正オプション カットラインの出ているオートバイ並みの高性能ライト。電源供給は走行バッテリーから。個人的にはライト革命
ライトのON,OFFがSTEPSメニューの中での操作で手順が煩雑。煩雑なだけなら許容範囲だが、走行中はSTEPSメニューへのアクセスが制限され、結果的に走りながらONできない。さすがにこれは早期に対策を望みたい。
価格 445,000円(税抜) 現時点のフルサスE-MTBとしては高コストパフォーマンス。絶対的には高額だが本気のフルサスE-MTBとしては激安設定。
見えないところに安物パーツが使われてるがこの価格なら当たり前。それを差し引いても非常にコスパ高い。まとめ方のバランスが素晴らしい。

不満点をパーツ交換していくと最終的には高額になってしまうけど、まずこの価格で買えて遊べることが重要。ダウンヒル遊びでも問題ない性能は確保されてる。後から変えることのできないフレームはデザイン性の高いインチューブ。バッテリーも最軽量のBESVオリジナル。当分は見劣りしない。

重箱の隅をつつくとすればカラーが1種類なので皆んなかぶることか(^^;


トップ > 自転車の話 > BESV TRS2 AM > TRS2 AMのスペック
TRS2 AMのスペック COPYRIGHT 1996-2019 E-NAYA
Powered by WPMS